ウォータースタンドの工事の際、設置費用など初期費用をまとめてみた!

ウォータースタンド 工事費や初期費用をもう一度確認!

ウォータースタンドにも「長得プラン」というプランがありますが、そこで気になるのが・・・解約金設置費用と言った、何かしらの「条件」。

今回はウォータースタンドの工事の際に必要な設置費用など、設置の際に必要な初期費用についてクローズアップしてみました。

ウォータースタンドの工事の際に、どんなお金がかかる?

 

 

ウォータースタンドの工事の際、設置費用など初期費用をまとめてみた!

国仲涼子さんのCMで話題になったウォータースタンドですが、すでに公式サイトをご覧になられた人もいることでしょう。

ですが、これらの公式サイトって流し読みされるパターンが多いですよね??(*^▽^*)

でも大丈夫!!

当記事で分かりやすく説明させていただきます!!

 

まず、ウォータースタンドの料金として考えられるものとしては・・・

①初期導入工事費

②月々の使用料金

③移設工事費

④解約金

⑤機種変更費用

⑥修理費

ではないでしょうか??

 

まず②の月々の使用料ですが・・・料金は機種によって異なり、ユーザーが1番目にした数字だと思います。

なので、ここでの説明は不要でしょう(*^▽^*)

そして④の解約金に関しては別記事でまとめていますので、そちらをご参照ください。

 

今回注目したのはウォータースタンドの工事費・・・。

番号で言うと①と③になります。

それでは解説しましょう!!

ウォータースタンド工事の際の設置費用は0円?1万円?

ウォータースタンド 工事費や初期費用をもう一度確認!

さて、それではウォータースタンドを契約した際の工事費について解説したいと思います。

まず①の初期導入の際の工事費ですが、これは②の月々の使用料に含まれるため0円です(*^▽^*)

 

そして次の③移設費用ですが、こちらは2020年現在は無料になりました(以前は税込み11,000円)。

それでは公式サイトに書かれている手数料についての画像キャプチャをご覧ください。

ウォータースタンドの工事の際、設置費用など初期費用をまとめてみた!

ポイントは設置から1年以上経過しているか、1年以内か・・・ということ。

これですね。

契約の縛り・・・という表現は間違っているかもしれませんが、どんな場合であれば初期設置から1年以内の撤去や機種変更は税込み11,000円必要ということを覚えておく必要があるということです(^.^)

 

今までは引っ越しの取り外しにも10,000円(税抜き)が必要でしたが、今は再設置費用が0円になっただけでもスゴイ!って思います。

ウォータースタンドのユーザー想いな部分を見た気がしますね。

 

>>ウォータースタンドの料金で悩んだらコレがオススメ!

 

関連記事

ページ上部へ戻る